ねじまき士クロニクル

名もない整備士のつぶやき

KTC ラチェットアダプター

 ボルトやナットはクルクルしているのに、こっちは一生懸命行ったり来たりの往復運動を繰り返している。そんな経験ありませんか?ラチェットは素人の人が一番選びやすい工具かもしれません。確かにカチャカチャ作業している感じはありますが、早くはありません。ボルトやナットを人力で早く回すにはT型レンチ。ボルトやナットと同じようにくるくる円運動で回せる工具。そうつまりTレンです。人力で動かす工具としては最も作業効率がいい工具だと思います。

 ただTレンの弱点は作業空間がある程度必要ということです(それでもエクステンションで回避すればラチェットよりはまし?)。4輪でも2輪でも工具を使う空間が問題になってきます。猫が入る隙間もないくらいの作業空間です。そこでこのアダプターです。円運動でも往復運動でも使えるようになります。

 ある程度の本締めにも使えないことはありません。何年か仕事の相棒として使ってきましたが一度も壊れていません。というか、日本製の工具を壊すのは大体使い方に問題があります。今までに数限りなく工具や部品を壊してきましたが、私の場合は大抵ことが起こる直前に何かしらまずい予兆がありあがらそのまま実行していました。まだまだ未熟です…

 ラチェットはなくてもTレンだけあればこれからも私は生きていける。そう確信すらしています。まぁ念のためにラチェットも持っていますが…

 繰り返しますが人力で早い工具はラチェットよりもTレンです。ラチェット機構を備えた工具は…トルクレンチだけでとりあえずはいいかもしれません。ラチェットでカチャカチャしたい気持ちもわかりますが…Tレンです。工具の優先順位を間違えてはいけません。ねじ一本、工具一つでもその人の熟練度がわかります。

 

 暇な休日は、この工具のノッチを切り替えたり、くるくる回していたら何時間か経っています。