ねじまき士クロニクル

日向の窓にあこがれて

日本海呼称問題そしてミサイル

 北朝鮮がミサイルをまたしても発射しようかという時に、韓国は人道的に北朝鮮へお金を渡す様です。さらに韓国は別のことで忙しいようです。

 韓国外務省のホームページ(HP)に今月、日本海を「東海」と呼ぶことを国際社会に認識させるための日本語の動画が掲載された。

 動画は「過去から現在、そして未来に続く呼び名・東海」と題したもので、長さは5分30秒。「2000年以上、呼ばれてきた名前、東海。東海は、この海の最も古い名前です」と主張し、「日本の朝鮮半島支配によって国際社会に訴える機会を奪われてしまいました。このため、日本海の呼称が定着した」などと訴えている。

 また、「歴史は知っている」とし、日本を含む各国の史料なども掲載。日本の古地図で朝鮮半島東海岸に面した海域が「朝鮮海」と表記されていたことを指摘し、「日本も知っている」「世界も知っている」と、「東海」の呼称の“正しさ”を主張している。

 動画は韓国政府主導の作成によるもの。同様の動画の韓国語と英語版は今年2月からHPで公開されており、日本語版や中国語版の動画の作成も、この時点で予定されていた。今月は日本語のほか、ドイツ語、ロシア語、フランス語、スペイン語の5カ国語が新たに加えられた。

 2017年9月14日 産経新聞より

  これに関する外務省の見解を載せておきます。外務省も日本海呼称問題に関して動画をあげています。国民に関心がないのか、日本海日本海なので宣伝する気がないのかわかりませんが、再生回数10000件以下でした。

日本海は、日本海に対する国際的に確立した唯一の呼称です。我が国は、日本海の呼称に対する根拠のない主張に断固反駁するとともに、日本海の単一呼称を引き続き確保していくため、国際社会に対し、本件問題に対する正しい理解と我が国への支持を求めてきています。このようなわが国の主張は、国際社会において、国連をはじめとする多くの国際機関によって認められています。

 

外務省: 日本海呼称問題(ロシアにおける調査)

 

 「Youtubeに動画の日本語版がある」と報道にありましたが、私は半年前に公開された英語の物しか見つけられませんでした。こちらも再生回数は10000件以下でした。再生回数からも、各国がどれだけこの問題に興味がないのかということがわかります。私も、日本人でなければおそらく全く興味はありません。

 

www.youtube.com

 

 韓国は日本がよっぽど嫌いなのか世界中で、特にアメリカでの工作がかなり盛んです。全く関係ない第三国を巻き込むのは迷惑な行為だとは思いますが、その行動力は見習うべきです。韓国の国内で勝手に『東海』と呼ぶのは構いませんが、それを世界に求めるのは間違っています。さらに『東海』という名前には全く魅力がありません。まだ『朝鮮海』を求めてくるならわかります。私は人名にはこだわりませんが、地名にはうるさいです。日本国内の地名でも東広島市とか南九州市とか東大阪市とか西東京市とかさいたま市とか…

 

 そんなことを思っていたら、またしても北朝鮮がミサイルを発射したようです。ミサイルの最終的な目的は、人を殺すことです。「学校が休みになる」「仕事が休みになる」「株価が下がる」の次元の話ではないはずです。本当は。