ねじまき士クロニクル

日向の窓にあこがれて

Youtubeで最も有益な動画

 現在、YouTubeでは一秒間に一時間分の動画が投稿されているそうです。なんだか恐ろしい話ですね。多くの動画は見られることもなく電子情報のゴミとして存在し続けるのでしょうか…?

 そんな星の数ほどあるYoutubeの動画の中で最も有益なものは一体なんでしょうか?カープのハイライト?Youtuberが作った動画?お気に入りのアーティストの動画?それとも孤独な成人男性を慰めるためだけに存在する動画?

 問いかけておいてなんですが。これは個人の好みです。私はドライブレコーダーの動画だと思います。一時期かなり見ていました。集中して見ていた時期は別に事故を起こして我が身を省みていた訳ではありませんし、事故車の修理を担当したわけでもありません。地球何周か分運転していますが、警察や保険会社にお世話になるような事故を起こしたことはありません。ただ単に交通事故が気になった年頃だったのでしょう。国内の動画も、もちろん見ましたが、海外は結構激しい事故の動画でも普通にUPしているのでより参考になりました。何の参考になったのかはわかりません。とりあえず言えることは、車もバイクも簡単に事故を起こします。

 車を運転するのに予習は必須です。人のふり見て何とかです。事故した動画を見ているので、動画の中のどこかで誰かが事故を起こします。そのどれもが期待を裏切りません。教科書通りのサンキュー事故から、速度出し過ぎによる横転、追突、信号無視、バイクすり抜け時の巻き込みなど、ネットに上げられている事故の動画はすべてのパターンが網羅されていると言っても過言ではありません。

 免許の更新の時には自主的にでも公的にでもどっちでもいいですが、こういった動画を見たほうがいいと思います。どこかのドライバーに突然降りかかった災難です。もちろん誰にでも可能性はあります。たまには普段使用している乗り物が一体どんなものか、実感した方が良いはずです。

 

 事故した際の証拠にもなるのでドラレコは自分の車にも付けておくことをお勧めです。相手がいる事故で面倒くさい相手だと…本当に面倒くさいです。事故自体よりもその後の対応に人間性が出ます。私の処理してきた経験から言えば、無保険車やタクシー、交通弱者を主張するバイクのドライバーにその傾向がある気がします…面倒くさい人たちほど保険に入っていないから、事故を起こした際にさらに面倒くさくなるという負の連鎖です。

 自賠責と任意保険で二重に負担があって払いたくない気持ちもわかります。これは自賠責の範囲にも問題がありますが、それでも自動車の任意保険に入らない人が私には信じられません。はっきり言って車に乗る資格がないとすら思います。

 何億円かポンっと払える孫さんや柳井さんならわかります。お金持ちの方々は何があってもお金で解決できます。世の中やっぱり金です。みんなお金の言うことを聞きます。

 政治家や芸能人やメディア関係の方々も大丈夫かもしれません。特権階級の方々は量刑が市井の私たちと違う場合もあります。仕事に復帰可能です。過去、広島には恥知らずの無免許県議がいました。何十年も無免許だった県議会議員無免許運転で摘発され(3度目)執行猶予付きの実刑判決を受けましたが、リコールが成立するまで議員の座に居座っていました。無免許ということはもちろん保険は…まぁ特権階級の人たちは何もかも違うのでしょう。リコールで失職した後も再び政治家になるのを夢見て彼は橋のたもとに立ってドライバーに手を振っています。私がその姿を見たのは去年の話です。

 タクシーやレンタカーの会社は入らずに事故ごとに対応した方が安い場合もあります。それでも無保険の一般人が事故を起こしたら…?車を購入して保険に入らない人は、お店の人からは間違いなく白い目で見られています。「車に乗るのに責任感がない人」だと思われています。お店の人は口に出して言わないだけで。

 そういう訳で秋の夜長にはYoutubeでは孤独な成人男性を慰め…ドラレコの事故動画がお勧めです。TVには映らないような多数の事例を見ることができます。個人の教訓を社会の教訓にできるかどうか…?