ねじまき士クロニクル

日向の窓にあこがれて

「漢字廃止」で韓国に何が起きたか

 私には韓国やハングルに対しての知識はまったくありません。行ったこともありません。飛行機が怖いのでこれからも行くことはないでしょう。それでもお隣の国でなぜ漢字を廃止したのかということには少し興味があります。日本も過去に何度か漢字を捨てようと主張していた人たちがいましたが…本当に捨てることはありませんでした。しかし韓国は捨てました。その結果どうなったか…?著者は親日の韓国人です。

ハングルというのは「大いなる(偉大な)文字」あるいは「一つ(唯一)の文字」という意味だが、これは日本統治時代に一般化された呼び名で、もともとは「訓民正音(民に訓える正しい音)」といった。

 韓国の国字ハングルは、1443年に李氏朝鮮王朝の第4代、世宗によって考案された純粋な表音文字です。漢字を読み書きできない民衆のために朝鮮語の発音を正確に書ける文字として作られたのがハングルということです。一方、漢字を重んじた知識人たちはハングルを否定。民衆はハングルを教えられる機会を得られず、400年以上が経過。そのハングルを復権させたのは日本人でした。

 漢字ハングル交じり文を福沢諭吉が発案。そして日本が学校制度を普及させてから一般の人々にまでそれが浸透。以後は日本統治時代を経て漢字ハングル交じり文が広く用いられたということです。漢字ハングル交じり文は、漢字とひらがなの文のようなものだそうです。

 漢字の廃止は1948年に大韓民国が発足し、公用文はすべてハングルで書くべしとの法律が制定されたことによります。「極端な戦後韓国の民族主義的国語政策」と韓国人の著者は述べています。漢字がない朝鮮語は、漢字がない日本語のようなものらしいです。ひらがなとカタカナしかないにほんごをそうぞうするとなかなかたいへんそうですね。そうはいってもことばはきゅうにかえられず、こうようぶん、しんぶん、せんもんしょからはかんじがなくなることはありませんでした。1964ねんから1970ねんにはいちじてきにがっこうきょういくでかんじがふっかつしましたがそのごはいしされていまにいたっています。ひらがなだけで書いたら「アルジャーノンに花束を」のような文章になってしまいました。

 ハングルは表音文字なので同音異義語の区別に大変苦労するようです。会話も文章も慣れれば同音異義語が瞬時に判断できるのかなと思いきや著者は否定しています。そしてさらに「いまの韓国語では深遠な哲学や思想の議論はまず成り立たない」韓国のご老人のなかには「韓国語では難しいことは考えられない。考えようとすればどうしても日本語になる」「社会人でも自分の仕事と関連した漢字が読めない」など、漢字を失った韓国を著者はこき下ろしています。言語が思考を制限するというのは、どこかのSFの話のように聞こえますが…知り合いに韓国人がいないのでわかりません。著者の感想なのか果たして?著者はあまりにも日本を持ち上げすぎなような気もします。

 日本よりも韓国の方が英語教育に熱心だったり、英語の成績が良かったりしますがそれもハングルと関係があるかもしれません。とこの本を読んで思いました。知識を付けるには英語に頼るしかないのかもしれません。自ら進んで学ぶ場合は別ですが、母国語以外に英語を学ばないといけない、話さないといけないというのはやっぱりあまり幸せな話ではありません。著者は漢字の廃止は今まで積み重ねてきた韓国の文化を断絶させてしまったと述べています。私も言語を失うことは文化を失うことだと思います。一度失った言葉を韓国が復活させるかどうかこれから注目したいと思います。今はぎりぎり漢字が読める人たちが残っていますがあと10年、20年したら漢字を復活させることがさらに難しくなるはずです。これは単に言語だけの問題ではなく、韓国人の思想の根っこの部分にもつながる問題かもしれません。もしも漢字が復権を果たすと韓国人が考えた「ハングル」という最高の文字だけでは足りなかったことを認めることに…?

 

 仕事柄、韓国の車も中国の車も触ることがありますが、韓国の車は何か書いてあっても読めません。中国はもちろん何となくわかります。「あぁこれは『熱い時開けるな』って書いてある」「これは作った会社の名前」「日本も同じ漢字あるよ」などと外国人の同僚に説明することができます。中国の発明ですが漢字は偉大です。好きな漢字は「…」です。ちょっとここには書けません。

 全部で3章ありますが、「漢字廃止」を扱っているのは始めの1章だけです。残りは韓国のことわざや言い回しを解説しているだけです。「漢字廃止」とは全く何の関係もありません。韓国のことわざに興味がある人はこの本を買わないと思うので後半は全くの無駄です。内容や志向が違う二冊の本を無理やり一冊にしたような本です。あまりお勧めはできません。wikiで充分です。

 

「漢字廃止」で韓国に何が起きたか

「漢字廃止」で韓国に何が起きたか