ねじまき士クロニクル

日向の窓にあこがれて

ローリスクハイリターン それはカープのチケットの転売

 ローリスクハイリターンでお金を増やす方法。それはもちろんカープのチケットの転売です。誰でもできます。高校生でもできます。少し肌寒い時期にマツダスタジアムの前で何日かテント生活をしないといけませんが、銀行に預けるのと同じくらい固く、そこら辺の株を買うよりも確実に儲かります。春先に大量にチケットを買って秋に売りさばくだけの簡単な商売です。需要はあるので去年からのカープの状態ならばチケットの転売はローリスクハイリターンです。はっきり言ってやったもの勝ちです。

 

内野自由席 5000円

内野自由席 5100円

ビジターパフォーマンス 7500円

スカイシート 15000円

フィールドボックス北 45000円(二枚)

内野A席北 36000円(二枚)

内野A席南 14800円

 

 8月下旬に見た広島のとあるチケットショップでの9月5日からの阪神戦でのチケットのお値段です。どれもこれも定価の何倍かしています。もちろんこれは一部です。街を歩いたりネットで調べればほかにいくらでも出てきます。

 チケットの問題の根本的なところは去年と全く変わっていません。今年またCSや日本シリーズに行けても、去年と何も変わらないかもしれません。転売屋にお金を払うくらいならスタジアムに行かずにスカパー契約して家で見ていた方がよっぽどマシです。と個人的には思いますが買っちゃう気持ちもわかります…

 カープ球団は商品開発には熱心ですが転売に対してはまったくの無策です。まぁとりあえずチケットが完売すればそれが球団の利益です。チケットがお客さんの手に渡った後の行動に対策を求めるのも酷かもしれません。上手くお客さんの手に渡っていればいいのですが。ファンが思うお客さんと、球団が思うお客さんはたぶん違うのでしょう。もちろん広島のメディアは日々の試合に一喜一憂でチケットのことに構っている暇はありません。

 「球場を真っ赤に染めよう」という言葉がありますが、高値での転売チケットを規制して客もまばらなガラガラな球場を個人的には見てみたい気もします。ひいきの球団の満員の球場ではなくガラガラな球場を見てみたいと願うなんて、もしかしたら私はカープのファンじゃないのかもしれませんね。

 

nejimaki96296.hatenablog.com