ねじまき士クロニクル

いちごの味に似ている

未来の年表 人口減少カレンダー

未来の年表 人口減少カレンダー

2016年  出生数は100万人を切った

2017年  「おばあちゃん大国」に変化

2018年  国立大学が倒産の危機へ

2019年  IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ

2020年  女性の2人に1人が50歳以上に

2021年  介護離職が大量発生する

2022年  「ひとり暮らし社会」が本格化する

2023年  企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる

2024年  3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ

2025年  ついに東京都も人口減少へ

2026年  認知症患者が700万人規模に

2027年  輸血用血液が不足する

2030年  百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える

2033年  全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる

2035年  「未婚大国」が誕生する

2039年  深刻な火葬場不足に陥る

2040年  自治体の半数が消滅の危機に

2042年  高齢者人口が約4000万人とピークに

2045年  東京都民の3人に1人が高齢者に

2050年  世界的な食料争奪戦に巻き込まれる

2065年~ 外国人が無人の国土を占拠する

これが著者作成の人口減少カレンダーです。良いことは一つも書いてありません。お先真っ暗な感じがありますがその通りだと思います。おそらく当たると思います。これが現実です。これが日本の未来です。これから日本で起こる急激な人口の減少は世界初ということです。

要するに、国家が滅びるには、銃弾一発すら不要なのである。「結婚するもしないも、子供を持つも持たないも、個人の自由だ」と語る人々が増え、子供が生まれなくなった社会の行き着く果てに待ちうけるのは、国家の消滅である。

と述べていますが、たぶんその通りです。私は別に右翼でも左翼でもありませんが、日本が消滅してほしくないと思っている一人の小市民です。著者はこれを「静かなる有事」と名付けています。人口が減るこれからの日本に関する提言を読むとたいてい「戦略的に縮む」「産業構造を変える」などと書かれています。もちろんこの本にも書いています。しかしTVを見ても新聞を読んでもその様子は残念ながら見られません。いつだって右肩上がりの日本を夢見ています。「まぁ人口減るんなら移民が来て何とかしてくれる」と思う人もいるかもしれませんが、減少した人口を移民で補うと将来的には移民が何十パーセントかを占めて、それは今の日本人が考える日本ではなくなります。「今までも人口が少なかった時期もあるしその時に戻るだけ」と思う人もいるかもしれませんが、これからは高齢者が多く若者が少ないという人口構成になってしまうのでそれは大問題です。取り返しがつきません。「日本は日本人だけのものではない」とかいう政治家もいるかもしれませんが…そいつは兄の方の鳩山です。二つの国籍で二枚舌を使い分ける政治家もいるかもしれませんが…そいつは蓮舫です。問題は解決しましたか?

 移民に関して参考にできるかどうかわかりませんが、豊田市の中心部から北部に車で30分程の場所に保見団地という場所があります。そこはトヨタ関連で働くブラジル人が多数住んでおり住民の半分ほどが外国人です。豊田市は元々愛知の他の都市と比べてもどこか異質な街です。同じ自動車産業がある隣の岡崎市と比べても明らかに雰囲気が違います。その中でも保見団地は異質です。仕事柄何度か行ったことがありますが「住民の半分が外国人だとこんな感じなのか」という場所でした。ポルトガル語と日本語が混在し明らかに豊田の他の街とは空気が違います。保見団地への地域住民の評判は…トヨタの恩恵を受けている豊田の地域住民に聞いてください。もしも保見団地が将来の日本の縮図ならば、それは現在の日本人が考える日本ではありません。移民が増えれば将来の国語の授業では日本語で「こころ」や「走れメロス」や「平家物語」を読む代わりに、英語で「聖書」や「シャーロック・ホームズ」や「ハックルベリーフィンの冒険」を読むことも近いかもしれませんね。

 後半に人口が減少していく日本に対して10の提言がされていますが、人口減少への対策は苦し紛れのお粗末なものです。思い切って対策はありませんとしたほうが危機感をあおるためによかったかもれません。

 聖人ではないならば子供を作る方法は一つだけです。私の知り合いの生物の先生が結婚式で「人類の目的は子孫を残すこと」と言いましたが、生物の先生として思うところがあったのだと思います。生物には寿命があるので、現在のことしか考えず次世代を考えない生物は滅びます。どんな経済対策をするよりも、子供を増やした方が将来的な内需も増えて経済対策になると思いますが…残念ながら国や自治体に期待するのは間違いです。今の社会制度は経済も人口も右肩上がりが続く前提で作られています。結果的に老人優遇で若者にはお金が回ってきません。自力で何とかするしかありません。とりあえず今の私にできることは出費は辛いですが定期的に街コンに参加して将来の伴侶を見つけることだけです。結婚した方がお金に余裕が出そうな気がしますが…私は今までもそしてこれからも独身なのでわかりません。

 

 

nejimaki96296.hatenablog.com