読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PMC クロモリ シリンダースタッドボルト

f:id:nejimaki96296:20170103215134j:plain

 先日Z1(73年式)のエンジンをオーバーホールしていてシリンダースタッドボルトを『PMC クロモリ スタッドボルト』に変えたのですが頭のナットと座面の隙間が明らかに3㎜くらい空いてしまいました。

 古いスタッドボルトを抜いてタップを立てた時に何かミスをしたのかとも考えましたが、すべてのスタッドボルトが同じように数ミリ浮いてしまいました。

 これは何かしら問題があると思い調べてみると、社外のスタッドボルトは純正よりもサイズが5㎜程延長されていたようです。私の場合はナットを初期型のよりも数ミリ長い後期型の物と交換して解決しました。

ハイコンプピストン使用時に必要不可欠なスタッドボルトセットです。高剛性を誇るクロモリ鋼製のシリンダースタッドボルトはリプレイスとしての使用はもちろん、ハイコンプピストン使用時の必須アイテムです。締め過ぎによるボルトの沈みこみ対策として、各ボルトとも全長をスタンダードより5mm延長しています。 1台分12本でのデリバリー。

 整備していたZ1はエンジンやフォークの中まで年式違いのパーツが組み込まれていて訳が分からない状態でした、フォークの割締めボルトにはなぜかバンジョーボルトが使われていました。古い車両にはそれなりのリスクがあります。社外品も万能ではありません。

 バイクに関して、特殊なものではない限りねじ系のパーツは単体で注文できるサイトがあるのでそちらの注文がお勧めです。(セットで買うとべらぼうに割高です)個人的にねじコンシェルというサイトをよく使っています。