読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

整備士資格

乗り物

 日本で働いているうちは自動車整備士としての資格は「自動車検査員」や「整備主任者」ではない限り必須事項ではありません。整備を行う職場に関しては細かい規定がありますが、そこで働く一人一人の個人に関しては資格が全くなくても車の整備をすることができます。

 もしこれから自動車整備士を目指そうとしている人がいたら私は専門学校での取得はお勧めしません。3級整備士は実務経験を1年積めば受験資格が得られます。2級整備士も3級整備士を取得後、3年の実務経験を積めば受験資格が得られます。いわば働きながら国家資格が取得できるわけです。

 日本の現状では、専門学校に2年通ってお金を払いながら取得する価値がある資格かどうか、それに見合う報酬がある仕事なのかどうなのか…大きな声ではとても言えません。整備士の仕事自体は資格があるからできるというものではなく、経験、知識、そして勘を基にして行う仕事と言われています。専門学校へ行く代わりに2年の現場での経験があれば相当の作業はできるようになると思います。

 「2級整備士」のさらに上の「1級整備士」もありますが、会社によって手当てが増えるかどうかという種類の資格になります。一種の名誉資格です。JICAの整備士の募集要項のほとんどは「2級整備士」が必須です。民間企業での就職も「2級整備士」が必須です。もしくは「自動車検査員」の資格が重宝されます。

 整備士以外の職業の人に説明するとなると

 看護師で例えれば2級整備士が「正看護師」3級整備士が「准看護師

 栄養士で例えれば2級整備士が「管理栄養士」3級が整備士が「栄養士」

 車の免許で例えれば2級整備士が「普通免許」3級整備士が「普通免許(AT限定)」

 という感じになるでしょうか?

 なんにせよ2級整備士が自動車整備士の基本の資格になります。

 

 ここからは青年海外協力隊の話です。これからの人のために。

 JICAの自動車整備士の募集要項のほとんどは「2級整備士」が条件です。

しかし、もしも「3級整備士」しか持っていなくても応募してみてもいいと思います。書類審査を通過することも…あると思います。面接で落ちるかもしれませんが。

 語学に関しては英語が苦手でも問題はないと思います。どの言語の国に派遣されるかわからない制度ですからね。

 途上国は日本の中古車が多いこと、ジーゼルが多いことなどを面接では言われました。日本ではしないような修理も多いようなので…これは行ってやってみないとわかりませんね。二輪かジーゼルが得意なら途上国に行っても臨機応変に対応できるかもしれません。