ねじまき士クロニクル

名もない整備士のつぶやき

コンゴ

何としても植民地を レオポルド王2世 レオポルド王の亡霊

読みかけの『The Scramble for Africa』という本の中で19世紀後半のアフリカ分割についての説明がこうされています。 アフリカはケーキのように切り分けられて5つの国家に飲み込まれた。ドイツ、イタリア、ポルトガル、フランスそしてイギリス。(スペインは…

アフリカに光を スタンレー レオポルド王の亡霊

“shoots negroes as if they were monkeys,” 猿を狙うように黒人を撃て 自動車産業に携わる人で「スタンレー」という会社を知らない人は恐らくいないはずです。車の電球を作っている会社です。東証にも上場しています(6923)。チャートを見る限りここ数年は…

コンゴ アフォンソ1世 レオポルド王の亡霊

A native of the Kongo knows the name of three kings: that of the present one, that of his predecessor: and that of Affonso コンゴの国民は3人の国王を知っている。現在の国王。先代の国王。そしてアフォンソ1世。 1482年にポルトガル人がコンゴに初…